スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GROOVY TOUR rapoの北海道旅行記その5

旅の最終日。といっても、私は飛行機が新千歳お昼の便だったので9時半の特急で戻らねばならない。
駅にて紫音ちゃんに会ったのが8時。実質あと1時間。普通なら、朝市行くんだろうけど、私たちが行ったのは。。。
「函館商業高校」
そう、TERUさんの母校。行く予定ではなかったけど、前日やっぱり行ってみたいねってことになって。
タクシーで向かいました。
h27.jpg h28.jpg

校舎は立て直されたんだと思うけど、とてもきれいな学校でした。
ここで、TERUは青春時代をおくってたんだぁ。。。と。ちょいと感動。土曜日だったので生徒はまばら。
クラブでランニングしてる生徒が何人か出てくる。「いいなぁ。TERUさんの後輩なんだぁ」なんて話してました。苦笑
そして、最後の最後帰る前に発見!大阪屋
h29.jpg

TERUがよく通っていたと言う、お好み焼きやさん。朝早いためか開いてませんでしたが、
偶然見つけることができました☆

急いで駅まで戻り、紫音ちゃんとお別れ。ホテルに荷物を取りに帰り一路札幌へ。
特急や、空港での待ち時間、ずっとGLAYを聴いていました。今までよりさらにTERUさんの声が心に染み入りました。
ずっと半泣き状態。空港で向かいに座ってた人、明らかに私を不信がってたわ。苦笑

忙しい4日間だったけど、ほんとによかった!
やっぱり一味違うGLAYの地元LIVE。小樽や、札幌の街並み。そして、何より函館の街並み。
最高の旅でした。正直一人でちょっと不安だったけど、一人もなかなか気楽でいいなと思ったり。
でもこの旅を、さらに最高のものにしてくれた、出会えた全ての人たちにSPECIAL THANKS!!
今度は、雪の季節に来たいなぁ。。。

長文読んでくれてありがとうv
スポンサーサイト

GROOVY TOUR rapoの北海道旅行記その4

5月9日。の続き
さて、そこから移動。 今度は二十二間坂を登ったのかな?かなり斜度が急でヒィヒィ。。
そこに見えてきたのは。。。カナリヤの歌詞にも出てくるカフェです。
2階がカフェペルラ、3階がFMいるかになってます。
h20.jpg

TAKURO氏がずっと二人での歌詞を作り出したのもこのカフェですよね。
と言うことで、あいてた窓際の席に行き(正確には、窓際から一つ手前が正解らしいです)
TAKUROが飲んだ、レモンティーを注文。一休憩。
店内はやはり、GLAYFANが入れ替わり立ち代り。苦笑 アルバムONE LOVEかかってました。
h21.jpg h22.jpg
窓際はこんな感じ、海がとってもきれいでした。
ここで、どんな思いであの名曲を書いたのかなぁ。。。
右は店内。ちょっとわかりづらいけど、入り口付近にピアノがあります。
あのピアノが、青年TAKUROさんの心を癒してたのねぇ

カフェの上はFMいるか。すっごく小さなFM局で少々ビックリ。
すれちがった社員さんたちもていねいで好印象、そういえば、ここGLAYのサインもあるんだよね!?

ちかくには、有名な教会もいくつかありました。(名前忘れちゃった)
あと、北島三郎氏の母校。函館西高校だっけ?も近くでした。

それから、いったん駅に戻り次なる目的地は五稜郭。
この付近はなかなかの繁華街っぽいです。JIROスポットがいっぱいあるんだっけ?
ハセガワストア、ラッキーピエロ、五稜郭店もありました。(それぞれ別々の場所に)
h23.jpg

せっかくだから、とタワーに上る。ここは、桜の名所のスポットらしく、金曜の夕方、
桜の下は青シートでいっぱい。宴会がいっぱい始まってました。。。が、ほとんど葉桜
それでも、函館市民は花見!!木の上のほうにちょっとだけ残った桜でもおかまいなしなのね!?
待ちわびた春を心ゆくまで楽しまないとってそんな感じなのかなぁ。。といっても、まだ寒かったけど
五稜郭は戊辰戦争終焉地。近くに土方歳三最後の地なんてのもあるみたいでした。帰ってから、新撰組関係の本
読んだからな。。。京都で全盛を誇ってた彼らがこんなに遠く離れたところで散っていったのかと、
あとで考えると感慨深い私でした。

いったんホテルにチェックイン(この日はホテル第2オーシャン。駅からすぐです)して一息ついたあとは、
函館観光夜の部!!笑
さすがに疲れてたから、ここからはすべてタクシー移動しました。苦笑
まずはやっぱり函館山へ!そう夜景見ないと函館は語れないでしょ。ロープウェーにギュウギュウに押し込まれ
少しあがっていくと、そこはもう、宝石箱の世界!!ずーっと見てても飽きないよ。ほんと
写真はとったんだけど、やっぱりきれいに写ってないので、あえて載せません。
修学旅行生だらけでした。埋もれてしまうことも多々。。。 
しかし寒い!息は白かったです。ハイコミタオルのマフラーが大活躍でした。

夜景に大感激の後は今日最後の目的地へ!
そう、GLAYの原点ともいえるあうん堂です。タクシーで行き先を告げると、「??」状態の運転手さんでしたが
どうやら、GLAYFANがその行き先にたくさん行くため無線で調べてくれました。
あうん堂は松崎町の大通りを中に入っていったところにあります。なかなか、怪しい雰囲気のとこでした。
だって、向かいの店はコスプレ専門店!?。。。呼び込みの怪しい兄ちゃんたちウロウロだし。あの兄ちゃんたち、
「なんで向かいの店はあんなにいっぱいタクシーで来るんだろう」と不思議だっただろうな。まさに、コス違い!爆
h24.jpg
店内はやっぱりGLAYFANでにぎわってました。若くて気のよさそうなマスターが、「どこ座る?ここじゃさみしいねぇ」
なんて言いながら案内してくれて、着席。どうやら、LIVEの無い日は普通のバーのようです。
といっても、ちゃんとステージはありましたが、(でもステージって言ってもちょっと段差があるくらい)
すっごく小さなLIVEハウスでした。「店内自由に写真とっていいですよ、ギターなんかもどうぞ持ってください」
とのお言葉をいただき、パチリコ。
h25.jpg  h26.jpg
左がステージ。ここで紫音ちゃんと座って写真撮影。わざわざマスターステージ用の照明もつけてくれました☆
右のギター、あとからちゃんと持ってみました。そして、パチリコ。この辺は隠しにUP中。爆
ギターもベースも重いのよね。よくこんなの持ってJIROちゃんあんなにピョンピョン飛べるね。なんて話したり。

さて、そんな記念撮影したりしてる間に、マスター順番に、お客さんを楽屋や落書きに案内してくれます。
これは、ここで注文したときに店員さんにお願いすると見せてもらえます。
私たちはあうん堂オリジナルカクテルを注文。なかなか美味しかったです☆

まったりしていたら、いよいよ私たちが楽屋に行く番!!
写真撮影はご遠慮くださいとのことでしたが、楽屋は二階にあるんだけどそこへ行く前の廊下階段、
落書きがいっぱい。どれがどれやら???だけど、そのなかにありました。゛GLAY"の文字! 
楽屋はそれこそ、底抜けそうなくらい古く小さい場所でした。年代ものTVや椅子、機材、古い木の机。
びっしり落書きだらけ。そもそも、この落書きは注意書きにもあったけど、出演者のみに許されるものなのに、どう考えても
FANが書いたのもあって、あれはよくないよね。ん。 「絶対GLAYより、有名になってやる!!」なんていうバンドのものもあり。
椅子に座って天井の落書きを見ながら「この椅子に座って出番を待ってたのかなぁ」と感無量でした。

念願のあうん堂に大感激の夜。
ホテルに帰る途中あとで納得のTERUが服を買ったお店なんかも発見しながら、ホテルに戻り就寝。

GROOVY TOUR rapoの北海道旅行記その3


5月9日。
LIVEの興奮も冷めぬまま、いよいよこの日は函館に向けて出発。
朝はなかなかハードでした。札幌8時半の特急には乗りたいね、と言ってたので
頑張って起き、それに間に合うよう札幌駅を目指す。。。が地下鉄に乗らねばならない。平日の朝時間は8時頃。。。
大荷物抱えて、ラッシュの地下鉄は。。。かなり大変でした。
何とか、たどり着き、函館ご一緒する紫音ちゃんと合流。特急スーパー北斗に乗り一路函館へ。
車内はLIVEの合間とあって、GLAY FAN専用車状態。苦笑
みんな考えることは同じようです。札幌から、函館はこの特急でも、3時間半以上かかります。
これを考えると、遠いよね。うん。広島から3時間半って言ったら、名古屋はいけるよね?
東京から大阪も行けるよね。 。。。新幹線ではないけど、そんな距離が札幌、函館にはあるんだなと実感。
とは言え、そんな旅の余韻に浸るまもなく、爆睡。苦笑

そして、いよいよ到着。函館。
前日にsarahちゃんに、私の住んでるとこの昔の感じに似てるよと言われ。。。
いろいろ想像しながら行きました。
h09.jpg

函館駅は、新しくする工事中。ホームとか、新しい匂いでいっぱいだったけど駅の建物自体はまだ古いまま
あれが今から変わってくのかな?
実は、この日の日程はあそこ行きたいね、ここは?みたいに紫音ちゃんと話してはいたものの、
結局きちっと決まらず、かなり行き当たりばったりな旅になりました。
実際、それで迷ったり、時間ロスもあったのだけど。。。何も予習してないからこその新鮮さを
直に感じることができたように思います。
で、実際の街の感想。。。ん~。古めかしい田舎町ってとこと、坂の多い街てのは共通してるかな?
あと、レンガの道とか。海も近いし。
でも、。。。何だろう。上手くいえないんだけど、函館って街は良い具合に古いのよ。
古いって言うか、人間で言ういい年のとり方してるっていうか。訪れる人に懐かしさを感じさせる、そんな素敵な街です。
そして、言うまでもなくここは、GLAYの生まれ故郷。彼らを育んだ街です。

もちろん、普通に観光もしたいけど、やっぱりGLAYスポットも行きたいってことで、
まずは、前日にプレオープンしたばかりの、Art Style of GLAYに行くことに。
この日の北海道のローカルニュースや朝の情報番組でも取り上げられてました。
「函館がGLAY一色になりました」みたいに言ってた。笑 とりあえず、北島三郎記念館と同じ建物と聞いてたので、
それを目指したら到着。
(函館市内の移動には、市内電車、バス、そして疲れたり迷ったりした時はタクシーを利用しました。)
館内は残念ながら写真撮影禁止だったので、唯一これがそこの建物の外の看板です。苦笑
h10.jpg

まあここで、私があーでこうでと全部言っちゃうと、これから行く方の楽しさが半減するかもなので
簡単に、というか、私の思い出深いところなんかを。
4Dシアター
これは、ここの目玉なのかな?入り口で専用メガネを渡され、映画を見るような感じです。
私が見たのはプレオープン用のものだったのですが、ハイコミツアーのパンフの世界に
GLAYと一緒に入り込むといったとこでしょうか?一緒に泳ぐのよ~(嘘、でもある意味ほんと)
7月からはまた違うのやるみたいです。予告編見たけど、おもしろそうでした。

映像系では真っ白な大きな部屋でpure soulMOVIEとか、いろいろな映像が流れてました。
時間があるなら、ここにしばらく居座ると良いですよ。後ろには巨大なGLAYロボ!

GLAYのゆかりのアーティストの作品があったり、フロア一面がその世界だったり。。。
何気においてある画面の映像一つ一つがすごく凝ってたり。。。
廊下の隅でクルクルまわってる扇風機のようなものがあると思いきや、タルボが実はまわってたり。。。
2001年のEXPOパンフでHISASHIが乗ってるデロリアンに試乗できたり(半分しか形がなく鏡であるように見せかけてる)
(中は、HISASHI映像が流れるモニターあり。お尻に低音が響きます、苦笑)

とそんな感じの場所です。これからどんどん発展してくのでは?
出口でたとこでは、GLAYSHOP。オープン限定Tシャツとあっては購入せずにはいられないよね。苦笑
黒字と、白地にピンクのハート模様のを買いました。(ハート模様は色が何種類かあって、黒字と白字)

その後はうろつきながら、有名な八幡坂をはじめ基坂、等。坂の街函館を象徴する景色。 (左写真に写るは函館山)
h11.jpg  h12.jpg 
チャーミーグリーンのCMを始め、ドラマ(ランチの女王等)や色々な撮影(もちGLAYさんも)に使われてますよね。
ただの坂なのに、お洒落ってのがすごいよね。苦笑。だって、見上げれば函館山見下ろせば海だよっ!

お腹すいてた私たちは、地図みながらやっと発見。このお二つのお店!!
h13.jpg

左が焼き鳥弁当で有名なハセガワストア、右がラッキーピエロ、ベイエリア本店。
ハセガワストアの焼き鳥弁当はここではなく別のお店で買ったんだけど。。。
しかも、時間おいて食べたから、冷えちゃってたんだけどね。。もうすっごく、おいし~~!!><なのに、値段は安い!
正直GLAYおすすめだし、記念に食べとこうくらいの気だったんだけど、ほんと美味しかった。
店内もGLAYの文字がいっぱいで、ハイコミツアー最後まで頑張れ!!みたいなことも書いてありました。
味は、塩、たれ、塩だれの3つ。で、私は、新発売という塩だれを!。。。中身は、買ってからご賞味くださいっ苦笑
h14.jpg

話を戻して、この時行ったのはラッキーピエロの方。
すごい人だった。。。そのほとんどが、修学旅行生とGLAYファン。苦笑
そこでは、人気NO1、函館LIVEの時シゲさん(としさん?)も食べたという、チャイニーズチキンバーガー、
JIROちゃんおすすめの春巻き、そして、ストロベリーシェイクを注文v
ハンバーガーはかなりボリューム満点。美味しくってお腹いっぱいです。
(ここで春巻きほおばる私の写真は。。。隠しにUPしようかしら。爆)
店内はオモチャ箱のような雰囲気で、椅子がブランコになってたり、いるだけで楽しいです。
加えて、GLAYファンにはたまらない張り紙があちこちに。加えて、感謝状まで。
あと、待ち時間とかに見られるよう地元新聞紙とか出身校の会報とかの切抜きのファイルも置いてありました。
(頑張れ、小橋照彦くんって。。。苦笑)
h15.jpg h17.jpg
h16.jpg


お腹いっぱいになったあとは、金森赤レンガ倉庫群を散策。
h19.jpg

GLAY HIGH COMMUNICATIONS TOUR 真駒内アイスアリーナ


ついに来ました!私的ハイコミツアーファイナル!!そして、もとファイナルのこの日。
楽しみ半面、終わっちゃう淋しさもありなんだか複雑でした。でも、最後までしっかりハイコミするぞ~って意気込み会場へ!
この日はまた、前日にもまして寒かったっ!
早めに会場に着き、人を待とうとするも、寒すぎて我慢ならず、すぐに会場の中へ→それでも、フロアでもやや寒かったです。
今日も私は3階立見席。昨日あまり人のいないポジションでやや淋しかったので。汗、それなりに人がいて、かつ見やすいところへ。。。
ステージ真正面くらいかな。そして、場所確保。右隣には女子高生集団、左は一人できていたようだったので、開演前話し掛けハイコミ☆
地元の方でした。「私、かなりうるさいですよ」と断っておいて、いよいよ開演!!
1.HIGHCOMMUNICATION
2.BROTHEL CREEPERS
3.ALL I WANT
4. 誘惑
5. a Boy ~ずっと忘れない~
6. girlish MOON
7. Way of Difference
8. ゆるぎない者達
9. HOWEVER
10.GIANT STRONG FAUST SUPER STAR
11.FATSOUNDS
12.COME ON!!
13.いつか
14.Runaway Runaway
15.THINK ABOUT MY DAUGHTER
16.GLOBAL COMMUNICATION
17.CHILDREN IN THE WAR
18.pure soul
19.航海
アンコール
1. 17ans
2. 生きてく強さ
3. SHUTTER SPEEDSのテーマ
4. 彼女の"Modern…"
5. またここであいましょう

TERUダンスは、あいかわらず手をクロス。Xジャンプ?でもそれを、みんながやるのも面白いよね
でも、セクスィ~ダンスの方があたしは好きだけど。苦笑
真夏の果実~口に含んで。。。幻なんて何も入らない目の前にある裸が見たい~。。。
「今すぐ見せちゃうわよ、脱ぎましょうか?」って思う方は多いはず!苦笑
この曲もかなり好きになりました。今回のツアー新曲満載だけど、どれもみんな好きです☆

3曲終わってから、MC。そこでね、みんな忘れてたであろう(私は忘れてた)コトを言ってくれたのね。
「今日は、みんな知ってると思うけど特別な日です。」(ええぇ~何? 私)
「追加公演はあるけれど、今日がこのツアーのファイナルです!」 びぇ~ん。そう言ってくれたの嬉しいよぅ。
もうこの一言だけで私はかなりな幸せやさんでした。苦笑

で。。。やっぱり、いつものごとく、あまり覚えてないんだけど。爆
HOWEVER前のMC。ずっと、弾き語りをやってきてついにファイナルです。一度だけ途中で止まっちゃったこともあったけど
無事やりとおせた、みたいなことを言ってました。「ファイナルなので一番愛情を込めて歌います」
私は、ツアー後半参加組みだから、前半どうだったのかわかんないけど、だんだん安心して聞けるようになったねTERUさん、ご苦労様☆

このツアー最後のFATSOUNDS、前のスタンド最後列の方もビックリして振り返るくらい叫びました。苦笑
「だいだいお前気にいらねぇ~!!」 最初は、少しひかえめだった隣の女子高生達も私とともにノリノリ。やっぱり、LIVEはこうでなくちゃ。

そして、COME ON!
今日のかけあいも、だんだん難しくなっていく~。
すっごい難しいのをやってTERUさん、「今のは俺も二度とできねぇ」苦笑
今日のTERUさん、とても厳しいっ、声のあと画面に向かってウィンク!「ちゃんと、ウィンクもしないと」。。。きゃぁ~興奮してできません。
その後は、YEAH~YEAH!にあわせて手を上げるんだけど、「ダメダメ、どこで手をあげてる?もっとTERUを見て」うぎゃぁ~カワイイっ爆
「昨日は、田舎モノって言っちゃったんだけど。。。今日はどんな罵声を浴びせようかなぁ~」とイジワルTERUしゃん。ちょっと考えた様子で。。。
「嬉しがるなっ、このヘタッピィが!!」「物覚えの悪いやつらめっ!」とのお言葉を頂きました。笑
それから、小学生~中学生~。。。のかけあい、「どう見ても、小学生じゃない」なんてダメだししながら、「これは、あまり言いたくないんだけど、主婦!」 YEAH~「半分以上が主婦!?」の掛け合いも、すっかりおなじみ。笑
そして、ジャンプジャンプ~へ突入。しゃがんでジャンプの後は、ジャンプ。。。しゃがんだまま。なんてのも登場。
しゃがんだTERUしゃん&客席を苦笑するリーダーが良い感じ。
一方その頃いたずらHISASHIは、ドラムを叩きに行ったあと、ローディーさんを右に左にビシバシビンタ!!(もちろん真似ね)
最後までほんとに、楽しい掛け合いでした。
とっても盛り上がったのもあり、最後のカモーンところ、客席にマイク。女の子の声が会場に響き渡る!いいなぁ。
それだけ、ステージはしとスタンドが近かったのよね。

Runaway Runawayの前のMCでは、改めて今日がファイナルと言ったあと、どうだった?みたいにTAKURO見るTERUさん、んが
リーダー何も発せず、「ハイコミツーだと言うのにGLAYは無口で。。。」と笑わせた後、せっかくだから一人一言ずつと話すことに。
っが、リーダー!良いツアーだったよねとのTERUさんに「そうですね」のほんとに一言。苦笑
続いてJIROちゃん。「。。。昨日TAKUROくんにからんで、いいたいこと全部言っちゃたから」とのこと。
そして、HISAHSI。「そんな、リーダーに言いました。お疲れ様」
続いてTERUさんTOSHIに自分のマイクを。マイクを握って少し照れ気味のTOSHIさん、(ここで、私も隣の子もTOSHIコール)
「魂のセッションができました~」みたいな感じかな。最後にSHIGEさん、「ハイコミニケーションツアーにふさわしくハイコミできた」みたいなと言ってませんでした?
名前叫んだくせに、忘れてるやつ。爆

どこでか忘れたけど、TERUさん言ったことがうけなくって、し-んとなって、「撤収」なんて言ってたりもしました。笑

グロコミではじけ、しっとり3曲で本編終了。魂こもってましたよ。
アンコールは今日のウエーブはわりと上手くいった!会場じたいが続き難い形なんだけどみんな盛り上がってた!
もちろん、アンコールの声もそろったかな。
「ファイナルにふさわしいアンコールを用意しました」とTERUさん。福岡2日目と同じ、激しい曲3連発!
生きてく強さも、またここもTERUさん、ほとんど客席にマイクでした。笑
またここ2番なんて(ポッケトは~のとこ)まわり覚えてなかったらしく、私の声えらい響いてましたわ。苦笑
生きてく強さでは、TERUさん客席に向かって手振りしてくれたり。

私的ファイナル&ほんとのファイナル。ほんとに楽しかった~~!!
最後のジャンプのとこで、TERU&JIRO泣いてたとの噂もあるし、それだけ良いLIVEだったってことよね☆

ありがとうGLAY!ハイコミ万歳!です。

GROOVY TOUR rapoの北海道旅行記 その2

5月8日。
まったりと起床。苦笑
この日もあわただしい一日だったけど、朝は一番ゆっくりできたかな?
朝食をとり、ゆっくりホテルをチェックアウトした後は、昨日ゆっくりできなかった小樽観光&ショッピングへ。
さすがに、道もしっかり把握。落ち着いて行動できてました。笑

h02.jpg h03.jpg

運河の方もう一度散策した後はやっぱりガラス館。見てるだけで綺麗☆一つ一つが違ってて綺麗なのv
母の日様に、母と祖母に一輪挿しを購入。上は大正硝子館ですが、このあたり、北一硝子のお店が沢山です。
なかなか、良いお値段ですがほんとに綺麗だから☆あっでもアウトレットのお店も一つありました。

↑写真右は、メルヘン交差点とやらから見た、風景。
正面の建物は、洋菓子舗ルタオ。sarahちゃんお勧めというチョコを見に行ってみる。。。
「空港などでは売ってません、ここだけですよ」の言葉にものせられ、購入。ナイアガラって生チョコなんだけど。。。
おいし~!!お口の中でとろけますっお土産に渡した友にも大好評☆
小樽土産は是非、これお願いしますv(誰に言ってるんだか。苦笑)

その後、そこからだと南小樽駅の方が近そうだったので、徒歩で駅に向かう。
h04.jpg

↑南小樽駅の桜。今回の旅行で見た中で一番満開の桜です。(だいぶ散りかけてたけど)
LIVEでTERUさんも言ってたけど、地元で一ヶ月前には散ってしまった桜にまた逢えるってすごく幸せな気分。
(酒はいいけどね。苦笑。頭の中は森山直太郎の"さくら"が流れてました。)

南小樽駅から小樽に別れをつげ、札幌を目指す。
電車からは、昨日は暗くて見えなかった海がよく見える。
日頃見慣れてる、瀬戸内海の穏やかな海と違ってやっぱり、日本海の海は荒々しいなぁと感じました。

札幌到着がお昼頃だったかな?
観光するにも荷物が邪魔なので、先に本日のお宿に向かう(チェックイン1時からだったから助かりました。)
今日のお宿は、中島公園近くのフェニシャンプラザホテル。近くにZeppSapporoもありました。
(ほかにもそのあたり、ホテルがいっぱいで、sarahちゃんたちのホテルとも近いことが後で判明。笑)
部屋に入って、ビックリ!!私一人で泊まっていいの?みたいな。苦笑
ダブルのベットが一つに、シングルが一つ。つまり、3人おとまりできちゃう部屋に私一人。
しかも、バストイレ広いし。この旅で一番ゴージャスなとこでした♪(でも代金は一番お得)
LIVEの準備も整え?いざ出発。とまた札幌駅まで。そして、遅めの昼食。ラーメンでも食べたらよかったんだけど
LIVE前だし、一人だったからね。。。地下街のカフェで軽くすませました。

この日は紫音ちゃんとお初に会う予定だったんだけど、もう少し時間かかりそうということだったので
「よしっ、一人観光だ」と、向かった先は。。。北海道大学。
駅から、わりに近いと判明。すぐ着きました。。。が、構内にて、また迷う。笑(大学、広すぎっ)
何とか、標識とか見ながらお目当ての場所へ。
h05.jpg  h06.jpg

↑左は有名なポプラ並木。んが、「倒木の危険があるので通らないこと」だそうで、ちょっとガクッ><
で、入り口からパチリ。ポプラって、可愛い名前だけど、すっごく高くって今までに見たこともないような形してました。
右はクラーク博士像。このあたりで、写真を頼まれる。構内に観光スポットがあるってやっぱり不思議だわ。
私が一人で撮ってたら、「撮りましょうか?」てご親切にも。でも、ちょっと淋しくなりそうなのでお断りしましたが。苦笑

その後札幌駅に戻り、紫音ちゃんと対面っ♪
LIVEの時間まで余裕あるし、やっぱりちょっとは観光を。。。と言うことで行った先。。。

h07.jpg
h08.jpg

左は旧道庁。札幌有名スポットですね。GLAY関係では、あの425ゲリラLIVEの場所として有名。
(ちなみに写真真ん中にいるオレンジのズボン2人はまぎれもなくGLAYFAN。笑)
ここには以前一度来たなぁ。あの時は、雪で真っ白だったけど。
右はこれまた有名。時計台。前は工事中だったのでほぼ初でしたが。。「こんなもの?」と言う、また失礼な感想。
て言うか、観光客はこういう感想多いですよね、ここ。苦笑

大通り公園の噴水の水しぶきに「ううっ寒い」なんて言いながら、今日は早めに会場に向かいました。
この日はちゃんとsarahちゃんと、そのお友達(リカちゃんでしたか?)にも逢え、テンション高めながらLIVEに!!(LIVEレポ参照)
ほんとに、良いLIVEで感無量。LIVE後はsarahちゃんオススメのすすきののお店で夕飯を囲みG話に盛り上がりました☆
この日は、ほんとにGLAYでお腹いっぱい☆幸せな一日でした☆sarahちゃんアリガトウ!
結局ホテルで休んだのは。。。日付はとおにまわり~何時だったかな?それでも、興奮してなかなか寝付けませんでした。

GLAY HIGH COMMUNICATIONS TOUR 真駒内アイスアリーナ 2003.5.7

01.HIGHCOMMUNICATION
02.BROTHEL CREEPERS
03.All I WANT
04.誘惑
05.春を愛する人
06.girlish MOON
07.Way of Difference
08.ゆるぎない者達
09.HOWEVER
10.BACK-UP
11.ビリビリクラッシュメン
12.COME ON!
13.いつか
14.Runaway Runaway
15.THINK ABOUT MY DAUGHTER
16.GLOBAL COMMUNICATION
17.CHILDREN IN THE WAR
18.pure soul
19.航海
アンコール
1.17ans
2.グロリアス
3.Cynical
4.彼女の”Modern・・”
5.またここであいましょう

ついに初体験!GLAYin北海道のLIVE☆
この日は参加予定ではなかったものの、どうしても行きたくなり。。。無理矢理参加。苦笑。
初めての土地にもかかわらず、会場に着いたのが開演ちょっと前。爆
バス間違えてたら、アウトでしたね。

北海道は、やっぱり寒いです。
会場も、いつもなら入っただけで(とは言っても、広島福岡しかわからないけど)、
じっとり汗がにじむくらいなのに、半そでTシャツではバラードとか寒いくらいでした。
真駒内2日とも、私は3階立見席。今までずっとアリーナしか経験してなかったので、
3階から、見下ろすLIVEは一味違ってました。そんなに遠いこともなく場所も広いし
前の壁に寄りかかってみれておすすめデス。(周りのもりあがりは。。。この日は今ひとつ。苦笑)
開演前の流れ星が飛んだあと、まきつけて取り込んでる様子をまじかに見たり。

SEが流れいよいよ開演。もうね、TERU降臨の時点で、北海道でGLAYのLIVE見てるんだぁ~って
思ったらすでに泣いてました。笑 周りの人は、なんだこいつって感じだったろうねぇ。

いつものとおり、あんまり覚えてないんだけど、爆 覚えてるかぎりと、印象に残ったことを。
まずね、TERUさん!!メチャクチャよくしゃべるっ!(陽気にね)これはどこの会場よりもなんではと。
あまりにハイで、何言ってるか理解できないとこも多かったです。苦笑

MC
「ひさしぶり~。EXPO以来の人もいるんじゃないかな?」 ドームカウントダウンは入れないのかな?笑

「東京ではね、1ヶ月も前に散った桜が北海道ではやっと咲き出したってことで、酒でも飲みたいところですが
それは、LIVEが終わってからってことで」。。。ってTERUさんあの~、もうほとんど葉桜でしたよ??

「外は雨だけど、この会場の、キミ達のハートは晴れだ!」(やっぱりくさいや、でもキャーなんだけど)
のMCから、春を愛する人へ。
「冬が長い分、やっぱり、夏へのあこがれがあって、GLAYのうたに夏の歌が多いのもその影響だと思います。」
みたいなことは、この日言ってたのかな?

「やっぱり、生まれ育った街に愛情のを持ってて、東京で感じた冷たさと違ってすごく暖かくて。。。」
故郷を大事にしてるGLAYの気持ちがこのMCやLIVEの雰囲気で伝わってきました。


COME ON!のかけあいでもそれが現れてました。
なかなか、最初から難しくって。。。「これじゃ、レベル2までいけないなぁ~よーしレベル1.5だ」でやったのは、。。。
福岡でやったレベル5よりも難しかったです。苦笑
そこで出た一言は、「この田舎モノがっ!!」笑
後のMCで「さっき、いなかものがって言ったけど、それは俺が函館出身だからであって、俺がもし横浜出身だったら嫌でしょ?」
て言う、フォローもみんなと同じ北海道出身なんだよって言ってるみたいで微笑ましかった

小学生、中学生。。。のかけあいでは、「主婦」。。。「半分以上が主婦じゃねえかっ」(福岡から主婦層えらい増えたねTERUさん、苦笑)
「北海道」YEAH!「北海道意外の人~」(私もちろん)YEAH!「遠くまでアリガトウ」
(きやぁ~~~そんなに言ってくれるなんてっ><)
「GLAYのLIVE初めての人」ちらほらYEAH!「10回以上来てる人」(私も)YEAH~!
「ナイスリピーター!」。。。もう、そんなに言ってくれると私は図に乗るのよっ苦笑

今気づいたんだけど、私MCしか覚えてないや。爆レポになんないよ。
そうそう、やっぱり、会場が寒いせいか福岡では3曲目に脱いだコート、HOWEVERの弾き語りの時点でもTERUさん着てました

アンコール前は、まばらウエーブがだんだんそろいだして、盛り上がってきたことにメンバー登場。
JIROちゃんが先頭だったんだけど、もっと拍手せよと煽り、。。。首を傾げ帰ろうとする一幕も。
TERUも、「みんな。ウエーブ楽しんでて、出ていいのか迷っちゃったよ。でも、最後のはすごいそろってたから、
あんなのを他のアーティストが来た時にもお願いね。あっ、もちろんGLAYにもね。浮気するなよ!」
今日のHISASHIはファンタではなく、北海道の飲み物かつげんを、一リットルのパックで飲み干すHISASHI!このへんも故郷愛?

アンコールも盛り上がる曲ばかりで、とても楽しかったです。真駒内は真ん中花道だけなんだけど、ステージ両端がすごく客席に近くて
メンバーに手が届くくらいのようでした。
「絶対、また帰ってくるからなぁ」とTERUさんが叫び終了。さいごのみんなでジャンプ。周りに人がまばらでどうも手をつなげそうになかったので
ロープを乗り越え、スタンド一番後ろの方に「いっしょにやらせて下さい」と頼んでジャンプしてきました。

GROOVY TOUR rapoの北海道旅行記

5月7日。
念願の北海道一人旅に出発です。
福岡で悪化させた私の風邪はだいぶ良くなってました。
とは言え、薬持参のこの旅。無茶はするまいと自分で決めてました。。。(この時点では。。。たぶん。苦笑)
気持ちよ~く、機内で睡眠をとり新千歳空港上陸が、正午前。飛行機を降りた時の私の第一声。「さむっ!!」
北海道はやはり、寒いです。(あたり前じゃんてつっこみはやめましょう。笑)
おかげで、滞在中持っていった服を全て重ね着してたので
毎日同じ服装~。。。><、もっとお洒落したかったわ。苦笑(LIVEはツアーTがあればそれでいんだけどね)

空港からすぐにJRの快速エアポートに乗り込み、直に小樽に。
本来、この日の予定は、札幌をぶらぶらした後に、小樽観光に浸る予定でした。
…が、みなさんご存知の通り、病の発作が起きまして。。。
「同じ土地にGLAYがいるのに、歌ってるのにあたしが逢いに行かなくてどうするの?」と。
(おいっっ無茶はしないんじゃなかったのか?)という訳で急遽予定変更。
小樽、札幌行ったり着たりコースに!しょっぱなからハードな旅です。

一時間くらいで、小樽到着。 まずは、やっぱり運河に。
h01.jpg

このあたり、小雨が降ってきてちょっと残念。「こんなものかぁ」が正直な感想かな?
(京都の金閣寺見た時も同じ感想だった気がする。。。)写真とかTVとかイメージが植え付けられるとダメみたいです、私。
人力車の勧誘を少々うざいと思いつつ散策。(最近、観光地どこ行っても多いよね。その土地のオリジナルじゃないじゃん)
でも、小樽って街は良い具合に古いものと融合してていい感じでした。
ガラス館とかさーっと見つつ、観光はまた明日だと思いつつ、本日のお宿に…。そして、迷う。爆
なんだかね、駅からも大通りからもはずれたところにあったのよ。><

何とかたどり着き部屋にて一休憩。

そして、あわただしくLIVEの準備して、札幌へ~
(あっ、ちなみにJR乗り放題のフリー切符を買っておいたので電車代は問題なし。
これおすすめよ。函館までも指定券無料で自由に取れるし)

LIVE開始は18:30。札幌駅到着が17:45くらい…その後、地下鉄、バスと乗り継ぎ。。。会場到着は開演15分くらい前だったか?
よく間に合ったなぁ。迷わず行けたのが、奇跡です。
会えるかな?って言ってたsarahちゃんには、今日は無理そうメールを、送りました。><
LIVEはレポの方に書いてあるので、そちらを参照。

LIVE後はまたあわただしく小樽のお宿に。(札幌にとっとけば良かった)と思いつつ
急遽参加だったから仕方ないか。結局ホテルで落ち着いたのは日付まわってたな。苦笑
そんな感じで、北海道一日目は終了したのです。

GLAY HIGH COMMUNICATIONS TOUR マリンメッセ福岡 2003.5.3

1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.BROTHEL CREEPERS
3.ALL I WANT
4.いつか
5.誘惑
6.a boy~ずっと忘れない~
7.girlish MOON
8.Way of Difference
9.ゆるぎない者達
10.HOWEVER
11.GIANT STRONG FAUST SUPER STAR
12.FATSOUNDS
13.COME ON!!
14.Runaway Runaaway
15.THINK ABOUTT MY DAUGHTER
16.GLOBAL COMMUNICATION
17.CHILDREN IN THE WAR
18.pure soul
19.航海

<アンコール>
1.17ans
2.生きてく強さ
3.SSのテーマ
4.彼女の“Modern…”
5.またここであいましょう

福岡二日目。この日は暑かった!!もう夏かってくらい。
そして、福岡はどんたく祭り真最中。日本で一番人が集まってるらしいです。
ということで、早めに会場目指すも、JRも余裕で遅れてた。苦笑
開場前には沢山の人に会いました。ありがとうでした☆

さて、今日の席はアリーナ45列、ほぼ中央。機材の後ろの方でした。
前の方に背の高い人が重なり、かなり見えにくい。。。「これは、ジャンプ勝負だ」と気合も入ります。苦笑
ドキドキしながら開演。

この日のTERUダンスは、クロスするのが少なくなって、セクシーダンス多めでした。(意味不明?)
(やっぱり、この時のお姿が一番よく見えたわvこの日。)

またまた、あんまり覚えてなかったり、見えてなかったりだったので、わかる範囲で書きます。
(それでも、この日はすっごく楽しかったのです)

MC
福岡はドラム~??(小さなLIVEハウスかな?)の頃から、来ているので馴染み深いみたいなことを言ってました。
昨日もなんだけど、今日もすごく男が多くて嬉しいです。
そんな、頑張ってる男達にこの曲を捧げますと。aBOY~ずっと忘れない~
男じゃないけどこれはよかったです☆名曲だもん。まさか、本編で聞けるなんて思ってもみなかった。

TERUさん!一万人入るこの会場のことを、何のためらいもなく「このLIVEハウスの~。。。」と言ってました。笑
そのくらいの気持ちでいてくれたってのは嬉しいけどね。^^

この日も、誘惑、いつかは生中継あり。
誘惑は、必ず歌わせてくれるとこがあるんだけど、やっと完璧に覚えていきました。爆

今日は、福岡はどんたくで200万人の人が来るらしいけど、この会場もまけないくらい盛り上げていこうぜ!
そのためには、1人が200人分のパワーで揺らしてこうぜ!。。。ここでさらにヒートアップです。

暑いねぇ。ジョボジョボ汗かいてるよ、俺。LIVEではね2キロの汗かくんだよ
(客席からええーの声に)ほんとだよっ←かわいいっっ(今回のつぼでしたねこれ)

COMEON!の掛け合いは今日は、わりと順調。TERUさんから手で○印もらいましたV
が、難しくなると、ごまかすなっ~!のかけあいも。笑
そして。。。。出ましたっ
自分にでっかい夢がある!YEAH~!絶対叶うと信じてる!YEAH~!
いつでもGLAYは応援してる!YEAH~!頑張れよ~!YEAH~!

TERUさん絶好調!一件不思議な掛け合いだけど、これが楽しい!!
それから、小学生~中学生~。。。主婦~社長~!「絶対嘘だ」(HISAもこの時ガッツポーズ 笑)
グロコミのリーダーのパート。歌う気なしっ笑
ねっころがり、口パクパク。それがまたカワイイ。

アンコール前、昨日は不発だったウエーブが今日は最後まで行ったっ!
会場が一つになって盛り上がってる感じだった。
そのうち、メンバー登場。HISASHIの手には、しゃもじ!!
それを、ちょこまかとメンバーの配りだすHISA!かわいい。
TERUはちょうど、マイクのとこにいなかったのでマイクスタンドの下にちょこんと置いてました。
リーダー、TOSHIさん、JIROちゃんみんな、しゃもじで楽器を演奏し出す!
そこへ、TERU戻ってきて。。。しゃもじを手にし、「これって、そんなに有名なの?」
と。。。聞かれてもねぇ。苦笑
「どんたくってどんな祭りなのって、イベンターに聞いたら、しらねって言うんだよ。 MCのネタにもできないじゃん」とTERUさん
続けて、「どんたくの意味って知ってる」観客「しらな~い」TERU「しりたい?教えてあげようか」
「ようこそって意味だよきっと、そんな感じじゃない」と、TERU。
しかし、どうやら休日という意味が正解らしいです。苦笑
しゃもじをたたいて、しばらくみんなで盛り上がる、客席は手拍子。(ストンプみたいなかんじ?)
なんだかやっぱり不思議でした。でも、とても楽しいっ!!

「アンコールに答えまして、GLAYのLIVEが初めてみたいな人も多いみたいだからGLAYのLIVEでいつもみんなで盛り上がる曲をやります」
なんだろ~??と期待してたら、すごい三連発!!
生きてく強さ(このツアー初です)SSのテーマ、そして彼女のモダン!
もえましたっ!!歌いました!!ふらふらです。
TERUも「いやぁ~燃え尽きたよ」と一言。
「でも、まだもう一曲。最後にまたみんなに会えるようにこの曲を」とまたここを最後に大合唱!

福岡どんたくLIVE!すっごく楽しかったです☆
もう行けば行くほど楽しいLIVE!止まりません~~~><

GLAY HIGH COMMUNICATIONS TOUR マリンメッセ福岡 2003.5.2

1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.BROTHEL CREEPERS
3.ALL I WANT
4.誘惑
5.春を愛する人
6.girlish MOON
7.Way of Difference
8.ゆるぎない者達
9.HOWEVER
10.BACK-UP
11.ビリビリクラッシュメン
12.COME ON!!
13.いつか
14.Runaway Runaway
15.THINK ABOUTT MY DAUGHTER
16.GLOBAL COMMUNICATION
17.CHILDREN IN THE WAR
18.pure soul
19.航海
<アンコール>
1.17ans
2.SOULLOVE
3.Cynical
4.More than Love
5.またここであいましょう


福岡初日。今回のツアーで一番の良席アリーナ10列に、朝から興奮気味。
風邪引きで、ゴホゴホいってる自分が嫌でした。でも、死んでも参加してやる!てな意気込みでしたね。
着席して、ビックリ!ステージ正面から10列だから近いのは予想してたけど、花道!!琢側先端と、ほぼ同じ列でそこから5人はさんで、通路、私、みたいな。

ほんとに、こんなにじっくり堪能できたの初めてでどこ見ていいかわからなかった。
TERUメロなので、基本はTERUさんだけど、花道に誰かがきた日には!!!釘付け!ということで、よく覚えてません。爆

オープニングも幕が開く様子がよく見えました。まだ、ステージ暗転してる時、 TAKUROさん、航海の時にやってる祈りのポーズ。
 後から考えるに、あれは天国のhideさんに祈ってたんかな??と、勝手に解釈してみたり。

そして、神降臨。苦笑
今日は黒のコートを着てました。中は黒のTシャツ。(コートはALL I WANTまで着てました) 首の右にはタトゥー(プリントかな?)
さて、恒例のセクシーダンスだけど、登場場面から頭の上で、こぶしを何度もクロス!まるで、打ち付けるみたいに。あれ、前はやってなかったような?

ゴンドラのすぐ真下でJIROちゃんすでに気合入りまくりで演奏してて、密かに下敷きにならないかと余計な心配もしてました。(あほ)

花道にメンバーが来るたびに(いや、ステージ中央でもだけど特にね)
リーダー足長ぁ~い!オトコマエ~!
HISAほそ~い、色白~い!
JIROちゃんかわいい~!
TERUぅ~うぎゃ~~~~!ってなかんじで、興奮状態だったので
ほんとあまり、覚えてません。 。。。思いつく限りを並べてみます。 爆

MC
「最近、ずっとGLAYは北上してたから九州来ると暑くって。みんな汗ながしてる? ビョークな汗を流させてやるぜっ」
春を愛する人の前
「この曲でみんなの心の中に入り込んでいきます。生きてくことは愛する事、愛される事」
ここでまた、うきゃ~~!爆
HOWEVER前
「このツアーもあと少しになってきたけど、TERUでもやれるんだから俺もやってみようと思ってくれれば」
(男、限定されてたよね。苦笑。二日目は俺も、私もって言ってた)
アンコールくらいかな
アリーナ中央の後ろの方指差して、
「そこ、アリーナ50列?いや30列?。。。男2人組みがねえびぞりみたいにこうジャンプしてくれてるのね、すっごい嬉しいよ」

九州出身TOSHIさん大はりきり!JIROちゃんと、前にドームでやってたみたいなベースの音のにあわせてたたくみたいなのもやってた。

COME ONのかけあいでは、始めは順調。「OKじゃあ、今度はレベルを上げてレベル2だ、いや3だ。。。いや、レベル5だ!」となり、
全然ついていけず、「ごまかすなっ」 「口がもごもごしてるよ」と言われ、しまいには「いろんなとこでやってきたけど、福岡最下位」といわれてました。笑
そのときJIROちゃんが琢側花道にいて、ベースを投げつけるふりしてたり。苦笑
掛け合いはそのうち「ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ~」となり、JIROちゃんピョンピョン飛ぶ飛ぶ!
が、やはり凡人はついてけません。笑
「どんな人がいるか聞いてみるね」小学生、中学生。。。と始まるがほとんどいない
「すくねっ」とTERUさん。カワイイ
その後、高校生、専門生、大学生、予備校生、社会人、男、女の子、など続きます。
予備校生のとこではちゃんと、「頑張れよ、来年は絶対大丈夫だ」みたいにちゃんと応援☆

アンコールは、HISASHI今日もファンタを持って登場。(今日はオレンジ)
ごくごく、とほんとに美味しそう。(CMきたりしてね。苦笑)
リーダーは持っていたツアータオルを私の列の最前の子に、確信的にあげてました。
子どもか、男の子か、車椅子の方か。。。誰がいるんだろうって思ってたらハイコミBBSでhideコスの子だったと判明。妙に納得。

アンコールでは私的に今回初は、モザンラブゥ!8ビートでジャンプしてきました。

あいかわらず、メンバーに釘付け状態の私。
実は本編グロコミで、はしゃぎ過ぎ航海の合唱はフラフラだったんだけど
アンコール前に休んで回復。アンコールではどこからこの元気出てきたんだってくらい
はしゃいでました。笑だって、目の前にメンバーがいるのに、笑いかけてくれるのに。
煽ってくれてるのに。へばってられるか~~!!

またここでは、紙ふぶき直撃ゾーン。見えない!口に入る!でも楽しい、でも、終わりで淋しい、みたいな。
曲終了後花道にみんな来てくれてた時にはもう、すっごい幸せだった。
しかもね、遠くに狙ってなげったHISAのピックが不発で私たちのほうに
あと、30センチだったね。><誰も取れなくて、床を覆い尽くしてる紙ふぶき埋もれる、けど見つからない。
そんな中、ふと、我に返りメンバーの方を見ると。。。
TERUさん、私の方見てちょうど、ニコッって!!!!(ただの勘違いかも知れないが、私的にはそうなの)
そして、反対側の花道へ去っていかれました。。。私、放心状態。

最後のみんなでジャンプはJIROちゃんの生声が合図!
ちゃんと、よく聞こえてたよ。
そのあと、TERU「また、必ず会いましょう、よろしくOK?」^^出た!最後に出たよ。

そして、帰り際。。。リーダの手には人形。
そう、hide人形。 この日が命日だったんだよね。 その人形をそっと黒B作の胸の中に入れていました。
スクリーンにもUP。やっぱり今日は特別な日だったようです。

もちろん、私もhideのことは分ってたし、何か特別な思い入れあるんだろうなとは思ってました。
それはおいておいても、ほんとに今日はありえない席で堪能できました。
10列でこんなだから、最前なんて日には私どうなっちゃうんだろう。きっと倒れるね。
へばってしまった時はどうしよ、でも絶対最後までここにいるぞ覚悟決めてた私、
アンコールで復活してからは元気v すっごく、幸せな一日でした。
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
04 06
プロフィール

rapo

  • Author:rapo
  • GLAY大好き。
    LIVE大好き。
    旅が大好き。
    沖縄の海大好き!
    な広島人
    rapoデス。
    保育士やっております。
    **

    時々
    GLAYさんの話題、
    たまに出かける旅の思い出、
    そして多くの独り言で
    成り立ってます。

    最近Gさん熱が少し
    下がり気味で
    いろいろなアーティストに
    手を出しつつあります。


    まさに独り言ブログと
    化しているので、
    何か感じる、通ずるなど
    ありましたら
    声をかけていただくと
    嬉しいかもしれません。照

    **
    **
    **
    自己紹介つけたしはこちら


    アダルト系コメントTB対策に
    禁止IPを設定してます。
    コメントできない場合は
    メールフォームを
    ご利用ください↓
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。